30代から始める頭皮ケア

女性の場合は特に、30代ならまだまだ髪の悩みは分かりにくいことが多いです。しかしよく注意してみると髪の量が減ったり、細くなったり、ハリ、コシが弱くなったりしているかもしれません。頭皮ケアは髪の悩みを実感する前から始めるのがおすすめです。かといって無理なことをする必要はなく、手頃な価格の育毛ローションで頭皮をマッサージすることから始めましょう。髪の毛の質をよくしようと思うとたいへんなので、頭皮を柔らかくすることで顔の筋肉をほぐし、顔の若返りを目的にするのがおすすめです。仕事で目が疲れるような人は、頭皮マッサージで眼精疲労も軽減しますし、肩こりもすっきりします。髪のためと考えずに、リラックス効果のため、顔の表情を優しくするため、と考えれば若い女性でも頭皮ケアを始めやすくなるでしょう。早めに始めればそれだけ若さが保てます。

正しいシャンプーをするだけで頭皮ケアに

いくら高い育毛ローションを使っても、シャンプーが間違っていると頭皮ケアの効果が出にくいです。まずは正しいシャンプーから始めましょう。女性でも男性でも同じですが、シャンプーする前にブラシで髪や頭皮の汚れを落とします。こうすることでシャンプーがなじみやすくなり、頭皮によけいな負担をかけずに済むからです。そしてぬるま湯でしっかり髪や頭皮を洗い流しましょう。髪を濡らすのではなく、指の腹でやさしく頭皮をマッサージし、お湯だけでほとんどの汚れを流しきるつもりで洗います。そこでやっとシャンプー剤です。シャンプーは適量を手で泡立ててから頭皮に乗せてさらにマッサージをします。原液を頭皮につけると負担がかかるので要注意です。汚れが落ちているので泡立ちもよく、効率的に残った汚れが落とせます。あとはしっかりすすいでコンディショナー剤で仕上げましょう。

頭皮ケアにドライヤーは必須

育毛ローションを使ったり、正しいシャンプーをしていても、仕上げが足りないと頭皮ケアの効果が出にくいことがあります。シャンプーをしたら必ず頭皮を乾かす、これを徹底するのがおすすめです。シャンプー後清潔な髪に育毛ローションを使いますが、これは髪がまだ少し濡れているときに使うとよいでしょう。化粧水でも同じですが、完全に乾いた肌には水分は入って行きにくいです。育毛ローションなどでしっかりケアしたら、頭皮をしっかり乾かしてからベッドに入りましょう。湿った状態で寝具に頭をつけると、そこから雑菌が繁殖したり、枕がかびたりして頭皮にもよくありません。また、髪を整えないで寝ることで髪ではなく頭皮にも寝癖がつきます。ヘアゴムなど使っていないのに、なぜか髪があらぬ方向へ引っ張られて痛みを感じるのが頭皮の寝癖です。ちょっとした負担も普段から避けて行きましょう。