頭皮ケアのあれこれ、情報や現状やケアの大切さ

頭皮のケアはとても大切です。やはり頭皮と顔はつながっていますので一枚の皮としてケアしていくのがいいと考えられます。頭皮ケアがおろそかになると、顔がたるんで来たり、緩やかなイメージになってきてしまいますので、きりっとすっきりしたイメージにしたい場合は、頭皮の部分もしっかりとケアしておくといいでしょう。シャンプーも素晴らしいものが出てきていますので、楽しいです。ミントのさわやかな使い心地のものもあり、洗うだけで、頭皮がすっきりとしてさわやかになり、目が覚めるような感じになる場合もあり感動を隠せません。特に脂分が多い人の場合ですと、こまめなケアが必要になりますが、綺麗なパッケージであったり、いい香りがするものですと、それだけで洗うことが楽しくなるので不思議です。お風呂に置いているだけでも華やぐデザインのボトル商品も多いです。

頭皮ケアで頭皮湿疹が治まりました

急に頭が痒くなり、気付いたら頭皮に湿疹がたくさんできていました。最初は一過性のものだと放っておいたのですが、症状はどんどん悪化し、フケまででてくるようになりました。頭皮湿疹は、洗髪時のシャンプーが残っていることで頭皮にカビ菌が繁殖することが原因だそうで、いつも通りの洗髪方法ではダメだと感じ、改めて頭皮ケアの大切さを実感しました。頭皮ケアと言っても、まずは基本的な洗髪を身に着けることが大切で、洗い残しを残さないようにすることが一番大事です。自分で感じているよりも長めの洗い流しが重要です。それから、頭皮に良いと言われるエッセンスを塗り込むようにしました。頭皮は皮質の多い場所ですが、洗髪のしすぎで油分がなくなることも頭皮湿疹の原因とのことで、乾燥を防ぐことも大切とのことでした。この頭皮ケアをしてから、悩んでいた頭皮湿疹は治まり、髪も綺麗になりました。

ブラッシングで頭皮ケア

ブラッシングは頭皮ケアに有効です。まず、ブラッシングに適したブラシを選びましょう。パドルブラシなどと言われていますが、クッションが効いていてブラシ面が大きいものが良いです。他にもブラシが獣毛だったり、木製だったりと様々ですが、自分に合うものを選びます。ブラッシングの仕方は、まずは普通に髪の流れに沿ってとかし、もつれを解きます。それから髪の生え方に逆行するようにブラッシングします。左のこめかみから頭頂へ、右のこめかみから頭頂へ、うなじから頭頂へと力を入れすぎずマッサージするようにブラシを動かします。クッションの効いたブラシで、こめかみや耳の後ろなど、抑えて気持ちがいいところを刺激するのもおすすめです。頭皮の血行が良くなり、シャンプーもしやすく、顔の筋肉への刺激にもなります。もちろん髪の艶もぐっとアップします。