シャンプーの手順で頭皮ケア

最近頭皮の状態が気になってきたので、頭皮や髪にいいものを調べてみた結果、シャンプーの仕方を見直した方がいいと知りました。小さなことかもしれませんが、毎日のことなので、一生おつきあいしていく自分の髪を守れるのは自分しかいません。シャンプーの仕方ですが、まずは髪をよく解かしてほこりを落とします。髪が乾いた状態で行うのが重要なので、頭皮をブラシで傷つけないように注意が必要です。その後少し熱めのお湯で、頭皮の皮脂をもむようにして髪全体を濡らします。ここでようやくシャンプー剤の登場ですが、少しずつ、小分けに頭全体につけます。できれば泡立ててから使用するとよりよいようです。その際、しっかり地肌を洗うことで毛穴の汚れを落とし、マッサージも行えば頭皮ケアにもなります。すすぎの時はややぬるめのお湯で、しっかり全体をすすげば、すっきりした頭皮の完成です。頭皮ケアをはじめるならば、まずは毎日のシャンプーの仕方を見直すのがいいようです。

頭皮トラブルは頭皮ケアで改善可能

頭皮トラブルは、年齢に関係なく発生する可能性があります。そのため、発生した時だけではなく、日頃からトラブルを防止するために頭皮ケアを実施することが大切です。たとえば、頭皮のフケや痒み、吹き出物、抜け毛など、症状が軽いのであれば、それほど気にするものではありません。しかし、症状が重くなってくると、耐えるのが大変な状況になります。耐えられないほどになってしまうと、病院で診察を受けなければ改善が難しい場合があります。しかし、頭皮ケアをきちんと行っていれば、病院で診察を受けるような状況を回避可能です。具体的なケアの方法としては、頭皮に合うシャンプーや育毛剤の使用があります。頭皮は敏感なので、合わないシャンプーを使用していれば、痒みやフケの原因となります。そのため、頭皮に合うシャンプー探しは重要です。また、育毛剤は抜け毛や細毛を改善できる効果に期待できます。

頭皮ケアはやり過ぎないのがポイント

頭皮ケアはついついムキになってやりすぎてしまい、もっと状態が悪くなってしまう人もいます。頭皮ケアはやり過ぎず、良い意味で好い加減に、がポイントです。まずはシャンプーですが、頭皮を清潔にしたいからと朝と夜しっかり洗ってしまうと脂が落ちすぎ、頭皮が防衛のためによけい脂を出してしまいます。夜シャンプーしたら朝は必要ありませんし、一度のシャンプーで何度も何度も洗剤をつける必要もありません。一回さっと洗剤で洗い、もう一度マッサージをかねてしっかりめに洗う程度で十分です。それから、潤いを補給しようとべったりトリートメント剤などをつけたりするのも逆効果です。トリートメントは毛先につけるもので、頭皮につけると毛穴を塞いでしまいます。毎日毎日育毛剤でマッサージをするよりは、気持ちいいと感じるときに適当に行なうほうが結果的に頭皮も生き生きします。